都立戸山高等学校の紹介

学校紹介ビデオ

再生時間約17分
セキュリティ保護のためブラウザによってブロックされる場合はコンテンツを許可してください.

沿革

年月 校名と校地の略史
1888(M21)年 9月 私立補充中学校皇典講究所内に開校(麹町区飯田町五丁目八番)
1891(M24)年 4月 私立共立(きょうりゅう)中学校と改称
1894(M27)年 4月 東京府城北尋常中学校になる
1899(M32)年 2月 中学校令により東京府城北中学校と改称
1901(M34)年 4月 府立校として東京府第四中学校発足
7月 東京府立第四中学校と改称
1904(M37)年 1月 牛込区市ヶ谷加賀町一丁目に校舎新築移転
1924(T13)年 4月 私立四中夜間中学を校内に創設
1933(S8)年 4月 私立四中夜間中学を東京府立四中夜間中学と改称
1941(S16)年 4月 東京府立四中夜間中学を精思中学と改称
1943(S18)年 4月 精思中学を府立第四中学校二部と改称
7月 都制実施により東京都立第四中学校と改称
1945(S20)年 4月 市ヶ谷国民学校に移転(大空襲による校舎焼失のため)
1946(S21)年 4月 牛込国民学校(原町校舎)に移転
1948(S23)年 4月 新学制により東京都立第四新制高等学校になる
1949(S24)年 4月 東京都立第四高等学校と改称
7月 新宿区戸山町一番地に校舎新築移転(現在地)
1950(S25)年 4月 東京都立戸山高等学校と改称
2004(H16)年 4月 スーパーサイエンスハイスクールに指定される
2008(H20)年 3月 定時制が閉課程となる
「府立四中 都立戸山高 百年史」に基づく

都政新報による戸山高校SSHの紹介

 戸山高校のSSHが都政新報の「スーパーサイエンス ―指定校の取り組み(4)―」に紹介された時の記事です。「都政新報第5554号2009年10月2日付」(都政新報社発行)PDFファイル

同窓生より

 東京大学物性研究所所長の家泰弘教授(1970年卒)により2008年度におこなわれた,在校生向けの講演会のスライドを紹介します。
 「文理両道のススメ」PDF(家 泰弘のホームページ http://iye.issp.u-tokyo.ac.jp/iye/ )
 家先生は日本物理学会会長(2012年度)で物理分野の泰斗として本校SSH事業にご協力いただいているほか,兄上の国立天文台教授 家正則先生にも海外サイエンスセミナーのすばる望遠鏡など天文分野の指導を頂いています.

同窓生より

 東京大学名誉教授 東京理科大学名誉教授の上村洸教授(1948年卒 「略歴」PDF)により2010年度に行われた、戸山オープンカレッジの講演会のスライドを紹介します。
 「物理学(特に量子物理)と日常生活・社会との関わり」PDF
2012年11月10日に行われた物理講演会のスライドを紹介します。
   「はじめての量子力学 ようこそナノワールドへ」PDF

理科・SSH関連の施設

戸山高キャンパス


天文台 屋上にある大きな天文ドームは電動式で360度回転します.天体観測時は開口部がスライドし開きます.望遠鏡はコンピューター制御により,目的の天体を自動的にとらえます.
天文気象部が観測をおこなっており,冬場には地元の中学生を対象にした天体観望会もやります.
ラジアン池 戸山高校のシンボル・ラジアン池は,円形から1ラジアン分の角度を除いた扇形をしています.1ラジアンは円の半径に等しい長さの円弧の中心角57度17分45秒(57.29578°)です.池には金魚が泳ぎ,スイレンや水草が生えています.ラジアン池中心の正確な位置は,北緯35度42分25.33秒・東経139度42分35.41秒(35.707037°139.709836°WGS84datum),標高約27mに位置します(地震後は?).
ビオトープ ビオトープ(biotop)とは池のある草むらのことではありません.biotopは生物と場所を意味します.地域の自然空間を地形・気候・植生といった地因子で区分し,最小単位の地理的空間と捉えられるのがエコトープ(ecotop)です.そのうち地質・土壌・水のような土地の要素で捉えるゲオトープ(geotop)に対し,生物群集とその生息環境で捉える空間がビオトープです.戸山高ビオトープは時たまサギが飛来することから,水辺環境に基盤を持つ小生態系と考えられます.
階段教室(講義室) 物理・化学・生物の各部屋にあります.理科の授業の多くは,ここで行われます.


>SSHトップ