戸山高でも観測しました
- 世紀の天体ショー日食 -

日 時   2009年 7月22日 11:30頃〜12:30頃
場 所   戸山高校ラジアン池前
参加者  SSH部/日食観測隊
    
実施概要
 2009年7月22日に国内の陸地では46年ぶりとなる皆既日食が起こりました。東京では最大75%程度が欠ける部分日食でしたが、東京でこれだけ大きく欠けるのは21年ぶりくらいだそうです。

 当日の天候は朝から雨! ・・・みんなもう日食は観られないものと諦めていた人が多かったのですが、なんと食が始まる頃には雨がやみ、10時半頃からは曇り空になりました。でも雲が厚く、空を見あげる人も少なかったのです。でも最大食(11:13頃)を過ぎた頃から雲が薄くなってきました。

 11時半頃からは雲の切れ間に時々、部分的に欠けた太陽が顔をのぞかせるようになりました。SSH部では戸山高校ラジアン池前で観測を実施、きれいな写真も撮影することができました。この日の雲がちょうどフィルターになって、肉眼でもちらっと見るくらいならはっきりと欠けた太陽の形が分かりました。

 太陽を見ようと上を見上げている人が多かったのですが、じっくりと観察するのによいのは水面に映った太陽です。これは晴れた状態でなければ全然まぶしくなく、望遠鏡やフィルターなど特別の機材も使わずに撮影できます。

 水面を撮影するなら、きれいな水や底が見える容器ではなく、濁った水や深い池が適しています。そして水面が波立たず静かなら、水面の太陽にピントを合わせてズームアップすれば、どこにでもあるデジカメで大きな日食の太陽が撮れるわけです。他にも地面に映った木漏れ日を観察するのも良い方法です。今回は日射が弱く無理でしたが、三日月形に欠けた形の光が無数に地面を埋め尽くしているさまは感動的です。

 当日の日食の様子はテレビや写真でご覧になった人も多いと思います。でも本物を自身の体で体感しながら観察するのはまったく違うものです。このようなところから科学への好奇心を目覚めさせて欲しいものです。当日は自校作成問題解説会に来校した中学生も、次々に日食の様子を見たいとラジアン池前に集まりました。

 この日はトカラ列島や中国へと日食を求めて高額のツアーをした人が大勢いましたが、大雨に祟られて散々だったようですね。でも東京にいて皆既ではありませんが、しっかりと日食を観察できたので得した気分です。

 またの機会にはこのような観測もどうぞ。関東地方では金環日食が2012年5月21日に見られるそうです。

ズームするとこんなに綺麗に!(11:53) 右側の紅い色はスイレンの花です
食の終わり頃(12:27) このように池に映しています
ただ太陽に向け空を撮影するとこんな感じ ラジアン池のスイレンの花の脇に映しました

SSH 2009へ