スーパーサイエンスハイスクールFAQ

戸山高校SSH 経過措置期間についてのQ&A

こちらの記載内容は2012年度現在の状況となっています.
年度により運営方法が変わる場合もあります.将来入学した場合に,この内容と同条件であることを保証するものではありません.

Q1 SSHクラスは理系クラスですか。

 SSHクラスは文系科目の授業が減るわけではありませんが、情報や芸術の変わりにSSHの授業を行うので理系に重点を置いていますので理数好きが集まっているクラスです。戸山高校は2年生まで理科も社会もすべて履修しますからクラスによる理系・文系の区分などもありません。3年生になれば選択で理系科目や文系科目を多くとることができます。

Q2 戸山高校のSSH講座にはどのようなものがありますか。

 1・2年生にはSST・U(3単位)として数学・物理・化学・生物・地学の5コース,2年生には5コースに加えて、SSH英語・SSH論述基礎(各1単位)が選択科目として置かれ,3年生にはSSV(1単位)とSSH論文(2単位)が選択科目として置かれています。

Q3 SSHとは何ですか。

 SSHとはSuper Science High school(スーパーサイエンスハイスクール)の略称で,理数系教育に関する研究開発を行うために文部科学省が指定した高等学校です。日本全国に約200校が指定されています。SSH校は将来、「国際社会で活躍する優れた科学技術人材」の育成や高大接続のあり方の検討を図るために,財政・設備・制度などの面で支援を受けています。

Q4 戸山高校はいつからSSH校なのですか。

 戸山高等学校は2004年(平成16年)度に,都立高校として初めてSSHに指定されました。 3年間の指定終了後,2007年(平成19年)度に改めて二期目として5年間の指定を受けました。 2012・2013年度は経過措置を受けましたが、2014年度に再指定されました。

Q5 SSH校とはいわゆる理数科ですか。

 いいえ、戸山高校は普通科の進学指導重点校です。SSH事業の形態や実施方法は全国の各校で様々な方法で取り組まれています。中には理数科等で指定を受けているSSH校もありますが,普通科の高校も多くあります

Q6 SSHはどのようなことをしているのですか。

 SSHの取り組みは各校で様々ですが、戸山高校では学校設定科目としてSSH科目を設け,正規の授業の中で「自己学習力」の習得を目指して行っています。「自己学習力」とは興味関心を持ち、課題を自ら見つけて、調べて、確かめて、まとめて、論理的にわかりやすく説明する能力のことです。大学との連携を通して行っています。その他、生徒全員を対象として科学的な講演会や、クロスカリキュラム(教科横断型学習)、理数系部活動の推進などに力を入れています。詳しいSSH行事の様子は、本校のSSHのWebサイトをご覧下さい。

Q7 SSH事業とは高度な授業や科学研究をすることですか。

 本校のSSHは必ずしも高度な内容ばかりではありません。最先端の刺激は大切ですから、大学や研究機関と連携していますが、高校生の身の丈にあった身近なテーマを扱い、探究の仕方や論理的な思考力を身につけることを大切にしています。また本校のSSH研究開発課題は「進学指導重点校において、SSHを通して世界に通用する科学技術系人材と科学技術を理解した文系の人材を育成する文理融合による総合力に秀でた人材の育成を図る。」ということです。  戸山高を含め各SSH校すべての研究開発の実施報告は,JST((独)科学技術振興機構(Japan Science and Technology Agency))のWebサイトから見ることができます。

Q8 全員がSSH対象ですか。

 希望者はSSHクラスに入り、SSH科目を受講します。また、SSHクラスを希望しなくてもSSH英語、SSH論述基礎などを選択することができます。 学年ごとにSSH講演会も実施しています。

Q9 SSHクラスについて詳しく教えてください。

 SSHクラスを希望する生徒は、入学前のSSH説明会を聞いてもらい、志望動機などを書いた書類を提出してもらいます。その中から審査によって決定します。SSHクラスは1〜2クラスです。1学年では「情報B」の代替講座として「SST」の講座を受講します。「SST」は数学・物理・化学・生物・地学の中から選択し、データの取得方法や機器の使用法から、身近な自然現象を扱うことで科学的な探究態度を身につけながら、課題研究のテーマを決めて予備実験を行います。科学の不思議さ・楽しさを広める活動も行います。2学年では引き続き「芸術」の代替で「SSU」の講座を受講し、大学の研究室訪問や科学系のコンテストの応募、海外との校流を行いながら、さらにプレゼンテーション能力やコミュニケーション能力を磨き外部での研究発表を目指します。

Q10 SSH講座を見ると英語や論文などがありますが,SSHとは理科のことではないのですか。

 戸山高校のSSHでは、文科系志向の生徒も含めて科学的リテラシー(リテラシー(literacy)とは、最低限必要とされる「素養」のこと。)を高めることを目指しています。自分の考えをまとめたり,発表したりする能力は文系・理系を問わず重要なもので論理的思考力の向上のために必要と考えています。SSH事業では、将来、国際的に活躍できる科学技術人材の育成を目指します。社会の事業では偏った知識・能力だけでは成り立ちません。科学者だけではロケットは飛ばないのです。政治・経済を含め総合力が必要です。クロスカリキュラムを通しても総合力の必要性を認識します。このため理数系科目以外にもSSHの講座を置いています。

Q11 SSHクラスに入った人はみな理系大学に進学するのですか。

 いいえ、必ずしもそうではありません。科学的、論理的思考を身につけて文系として進路を選んでいく人も多くいます。

Q12 SSHクラスに入ると部活動はできませんか?

 「できない」ということはありません。SSHと部活を両立できるかどうかは、入る部活の忙しさにもよりますが、みなさん次第です。SSHクラスでは、授業の一部として土日や夏季休業中などに講演会や実習などが行われます。また、課題研究のための資料収集やレポートまとめ、発表準備などで放課後を利用することもあります。こうした状況であることを考慮に入れて、SSH、部活のどちらも中途半端になってしまわないように、入部するかどうか、またどういった部活に入るか考えてみてください。

Q13 SSHクラスに入らなくてもSSHには参加できますか?

 科学系の部活や同好会(天文気象部、化学部、生物部、数学同好会)は、校内でのSSH行事やSSH発表会などに参加しています。また、地学基礎の授業内での「城ケ島地質巡検」もSSH事業です。2、3学年ではSSH英語、SSH論述基礎、SSH論文などの選択講座が受講できます。図書館のSSHコーナーは生徒なら誰でも利用できます。

Q14 SSHクラスに入ったら事実上、3年間はクラス替え無しということになりますか。

 SSHは1年生から2年生へ継続です。SSHクラス2クラス中での入れ替えの可能性はありますが、戸山高校は2年生から3年生になるときにはクラス替えをしませんから、3年間SSHクラスとなります。

Q15 米国サイエンス研修とはどんな内容ですか。

 ロサンゼルス、サンフランシスコ、スタンフォード、シリコンバレー周辺の高校や大学を巡り、研究発表や研究者になるキャリア教育などの充実をはかっています。


FAQトップ

>SSHトップ